EC事業

EC業界の可能性

近年、情報通信システムの高度化により、スマートフォンなど情報端末の多様化・進化などのインフラの整備や普及が進み、EC業界の市場規模は年々拡大しています。

EC参入企業は、店舗の立地や営業時間に左右されず、いつでも日本全国の消費者へ発信することができます。
また、日本全国に限らず、インターネットを通じて世界中のマーケットに進出することも可能です。

EC利用ユーザーも、自宅にいながら、自分の好きな時間に好きなものを購入することができます。

経済産業省の「平成29年度我が国におけるデータ駆働型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する調査)」の発表によると、平成29年は、下記の市場規模まで拡大しました。

http://www.meti.go.jp/press/2018/04/20180425001/20180425001-1.pdf)より引用

【BtoB(企業間電子商取引)】
16.5兆円(前年15.1兆円、前年比9.1%増)

【BtoC(消費者向け電子商取引)】
317.2兆円(前年291.0兆円、前年比9.0%増)

これは、2011年の市場規模の2倍に値します。


(出典元:経済産業省「平成29年度我が国におけるデータ駆働型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する調査)」)

日本のEC化率(すべての商取引の内、電子商取引が占める割合)も、年々増え、2019年、5.79%(前年比0.36%増)となりました。
EC化率から見ると、EC業界の伸びしろはまだまだあり、今後もEC業界が更に成長していくと予想されています。

弊社の運営するECサイト「ONESTORE」の特徴と実績

弊社の運営する「ONESTORE」は、2016年8月からサービスを開始いたしました。
https://onestore.jp

「ONESTORE」のコンセプトは「シンプルに便利で、ユーザが欲しい商品を選びやすいECサイト」です。

また、掲載企業様がスムーズに商品掲載を行えるようなサイト構成にすることで、今まで、IT技術や、人材、時間、費用等、様々な理由でECを始める事を断念していた企業様も沢山参入いただいています。
売上も、弊社が運営する多数のイベントを通じてユーザーを獲得しているため、初年度から安定しています。

今後も、掲載企業様、お客様、双方に喜ばれるサイトを運営していきます。