食産業支援事業

『食(food)』と『利用者への還元(back)』

平成29年の外食産業市場規模は、前年比0.8%増の25兆6,561億円と推計されています。
しかし、外食産業の市場規模は平成9年の29兆円をピークとして、減少傾向が続いています。
業態別には、ファミリーレストラン、ファーストフード、カフェが堅調に推移しているものの、居酒屋・ビヤホール・バー等は減少傾向にあります。
※参考:一般社団法人日本フードサービス協会/平成29年外食産業市場規模推計について


私たちは「関わるすべての人たちが成長できる」の理念の元、「ごちそうさま」の感謝をカタチにするサービスをつくりあげ、飲食店を利用する側と提供する側全員へ還元します。
食産業に関係する方々が活躍する場を提供し食産業の活性化へ貢献します。

インターネットを使ったマッチングサービスからスタートし、2019年に入ってからも店舗様も利用者様が増加傾向にあります。

サービスを利用するお客様のリピーター数も増えつつある中で、S-Collectionの食産業支援事業は日々利用者のみなさまと共に成長しています。

飲食業界初のマッチングサービス「food back」

food backホームページ: https://foodback.jp

私たちは、ユーザー様と飲食店様のみなさまへ、「ごちそうさま」の感謝をカタチにするサービス「food back」を創り上げました。
food backは、お食事会を主催されるオーガナイザーの方々が、飲食店様への集客や広告を行い、その対価をプロモーション料としてお支払いするサービスです。
また、信頼と信用を積み重ねるオーガナイザーを育成し、おもてなしいただいた飲食店様へ、優良なオーガナイザーをご紹介いたします。

業界初の『プロモーション料の即時受取サービス』を拡充

2019年6月1日よりプロモーション料の即時受取りを開始しました。
オーガナイザーがプロモーション料を受け取れる日は月末締め翌月25日でしたが、「food back」サービスを皮切りに、最短で『利用から2日以内』にプロモーション料がオーガナイザーの手に渡るようになりました。